添付書類

古物商許可申請関連情報

東京都と埼玉県で古物営業許可申請のやり方は違う!【都道府県による違いを解説】

都道府県によって古物営業許可申請のやり方に違いがある 古物営業許可申請は営業所を管轄する警察署の担当課に行います。 どの住所地にも警察の管轄はありますから、全国どこでも申請はできることとなっています。 しかし、その申請方...
古物商許可申請関連情報

【東京都内管轄警察署】クセの強い古物商受理審査をタイプ別に解説!

警察それぞれで受理のための審査に違いがある? 古物営業許可申請は、古物営業法に基づき、全国で手続きが統一されています。 しかし、手続きが統一されているといっても、その解釈が違うことによるのか、各警察署で取り扱いの違いがあるのは...
未分類

あなたはどのパターン?古物商のURL届出の方法をタイプ別に解説!

URLの届出の方法をタイプ別に解説 インターネットを用いて古物営業を行うには、URLの届出が必要です。 しかし、URLの届出方法は人それぞれで違います。 まずはURLの届出自体が必要であるのか、そしていつ届出を行うべきな...
添付書類取得についての情報

古物商のURL疎明資料の添付は大変!その理由は「警察でも分からないから」

古物商許可申請時に「URLの届出」を行う場合、どんな資料を添付すれば良いのか インターネットを用いて古物営業を行う場合、そのURLを届出なければならないとされています。 しかし、どうやって届出を行うのでしょうか。 ...
添付書類取得についての情報

古物営業許可申請に開業届は不要?税務署と古物商の関係性は?

古物営業許可申請に開業届は不要! 古物営業許可申請を行うにあたり「開業届が必要なの?」と疑問に思う方も多いと思います。 開業届とは、個人で事業を行う際に提出する書類です。 もちろん古物営業は「事業」になりますから...
添付書類取得についての情報

古物商URLの届出の盲点!「変更した日」について間違えないよう注意!

URLの届出は「新設した日」や「変更した日」を覚えて置かなければならない インターネットで個別ページを用いて古物の売買を行うためには古物商担当課へURLの届出を行わなければなりません。 URLの届出を行う場合には変...
添付書類取得についての情報

市町村の身分証明書の取得方法を解説【本籍地が遠ければ郵送申請が便利!】

古物営業許可申請には添付書類として「市町村長が発行する身分証明書」が必要となります。市町村長が発行する身分証明書は本籍地でしか取得できませんが、郵送請求を行うことが可能です。ここでは身分証明書の郵送請求の方法について細かく解説しています。
賃貸物件対策

なぜ賃貸物件で古物商許可を申請すると管理者の承諾書が必要と言われてしまうのか?

賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には管理者の承諾書が必要? 賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には賃貸物件の管理会社や大家さんの承諾書が必要なのでしょうか。 法律上は「不要」ですが、事実上は「...
賃貸物件対策

管理者の承諾書無しで古物商許可が取得できる!?賃貸物件専門の行政書士に依頼しよう!

賃貸物件で大家さんや管理会社から承諾を得ることなく古物営業許可を取得することは可能です。しかし一般市民が行うにはあまりにもハードルが高いため、賃貸物件で古物営業許可を取得することを専門としている行政書士に依頼することが最も無難だと言えるでしょう。
古物商許可申請関連情報

法人の古物営業許可申請のポイントを解説!申請前の添付書類準備に注意!

法人の古物営業許可申請のポイントは? 古物営業許可申請の申請者は大きく2つに別れます。「個人」と「法人」です。 個人と法人で申請書は同じものを使用するため、大きく方法が変わることはないのですが、法人が古物営業許可を申請する場合...
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や管理会社の承諾書について不安な方にもご対応いたします!
簡単お手続きはこちらから!
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や承諾書について不安な方にもご対応いたします!
簡単お手続きはこちら!
タイトルとURLをコピーしました