古物商許可申請関連情報

古物商の書換申請は超面倒くさい!?2度の警察署出頭が必要に!

古物商の書換申請は許可申請よりも手続きが面倒! 古物営業許可を取得した者は古物営業を行うことができますが、同時に古物商に変更があった場合には届け出なければならないという義務も負います。 例えば、自分が引っ越して住所を変更するこ...
添付書類取得についての情報

古物商URLの届出の盲点!「変更した日」について間違えないよう注意!

URLの届出は「新設した日」や「変更した日」を覚えて置かなければならない インターネットで個別ページを用いて古物の売買を行うためには古物商担当課へURLの届出を行わなければなりません。 URLの届出を行う場合には変...
古物商許可申請関連情報

特に注意!東京都独自の古物商許可申請の注意点を4つ挙げる!

東京都は他の都道府県とは申請の方法が違う? 古物営業許可申請書は営業所を管轄する警察署に提出します。 そして管轄警察署は、その申請書を都道府県警察本部(都道府県公安委員会)へ送り、そこで許可不許可の判断がされるという流れになり...
古物商許可申請関連情報

申請書を受理してくれない警察官への対応【古物商許可申請時の体験談】

古物営業許可申請書を受理できないと言われてしまうこともある? 古物営業許可申請は、営業所を管轄する警察署の生活安全課等に古物営業許可申請書を提出することで行います。 もちろん申請書が揃っていなかったり、必要な添付書類が無かった...
無許可営業関連情報

古物商の無許可営業で警察に捕まってしまう基準とは?【逮捕・書類送検・行政指導含む】

古物商の無許可営業を行っている者が警察に捕まってしまう基準は? 古物営業を行う場合、規模の大小に関わらず古物営業許可を取得することが必要です。 しかし、古物営業許可を取得しないままいわゆる「無許可営業」を行っている者は多くいま...
古物商許可申請関連情報

警察から古物営業許可の可否を教えられないと言われてしまった時の対処法は?

最近は「古物営業許可の可否は教えられない」と言われることが増えています。 これは、古物営業許可申請後、警察から連絡が来た際の話です。 旧来は「古物営業許可が下りましたので許可証を取りに来てください」といった電話が来たも...
添付書類取得についての情報

市町村の身分証明書の取得方法を解説【本籍地が遠ければ郵送申請が便利!】

古物営業許可申請には添付書類として「市町村長が発行する身分証明書」が必要となります。市町村長が発行する身分証明書は本籍地でしか取得できませんが、郵送請求を行うことが可能です。ここでは身分証明書の郵送請求の方法について細かく解説しています。
賃貸物件対策

なぜ賃貸物件で古物商許可を申請すると管理者の承諾書が必要と言われてしまうのか?

賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には管理者の承諾書が必要? 賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には賃貸物件の管理会社や大家さんの承諾書が必要なのでしょうか。 法律上は「不要」ですが、事実上は「...
古物商開業関連情報

古物商許可Q&Aコーナー【ご相談者様からあった質問・疑問の多いものを紹介】

古物商許可について疑問に思う多くのこと 古物営業許可申請について、当事務所には日々多くの方々からご相談をいただいておりますが、同様の質問をされることはよくあります。 同様の質問が多いということは悩まれている方が多いということだ...
古物商許可申請関連情報

古物商許可後最大の疑問「電話連絡では許可の取得は教えられない」?

古物営業許可申請の審査後、警察からかかってくる電話連絡 営業所を管轄する警察署の担当課に古物営業許可申請を提出したあと、申請の内容が適正であれば40日程度で許可が下りることになります。 許可が下りれば許可証が発行されるため、そ...
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や管理会社の承諾書について不安な方にもご対応いたします!
当事務所古物商許可申請等のお手続きの流れはこちらから!
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や承諾書について不安な方にもご対応いたします!
当事務所お手続きの流れはこちら
タイトルとURLをコピーしました