添付書類取得についての情報

市町村の身分証明書の取得方法を解説【本籍地が遠ければ郵送申請が便利!】

古物営業許可申請には添付書類として「市町村長が発行する身分証明書」が必要となります。市町村長が発行する身分証明書は本籍地でしか取得できませんが、郵送請求を行うことが可能です。ここでは身分証明書の郵送請求の方法について細かく解説しています。
賃貸物件対策

なぜ賃貸物件で古物商許可を申請すると管理者の承諾書が必要と言われてしまうのか?

賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には管理者の承諾書が必要? 賃貸物件を営業所として申請する古物営業許可申請には賃貸物件の管理会社や大家さんの承諾書が必要なのでしょうか。 法律上は「不要」ですが、事実上は「...
古物商開業関連情報

古物商許可Q&Aコーナー【ご相談者様からあった質問・疑問の多いものを紹介】

古物商許可について疑問に思う多くのこと 古物営業許可申請について、当事務所には日々多くの方々からご相談をいただいておりますが、同様の質問をされることはよくあります。 同様の質問が多いということは悩まれている方が多いということだ...
古物商許可申請関連情報

古物商許可後最大の疑問「電話連絡では許可の取得は教えられない」?

古物営業許可申請の審査後、警察からかかってくる電話連絡 営業所を管轄する警察署の担当課に古物営業許可申請を提出したあと、申請の内容が適正であれば40日程度で許可が下りることになります。 許可が下りれば許可証が発行されるため、そ...
古物商許可申請関連情報

古物営業許可申請を行政書士に依頼する本当のメリットはたった一つ!

古物営業許可申請を行政書士に依頼する本当のメリットとは? 古物営業許可申請は営業所を管轄する警察署の古物商担当課に申請書類一式を提出する形で行います。 この申請は行政書士に依頼することも可能ですし、自分で申請することも可能です...
古物商開業関連情報

メルカリShopsで古物商!【フリマアプリから堂々と古物営業を行えるようになった!】

メルカリの新たなサービス「メルカリShops」では中古品(古物)を販売する場合、登録時に古物商許可が必要とされています。従来のメルカリとは違い、古物営業を堂々と行えるというメリットを享受できる反面古物営業許可を取らなければ無許可営業となってしまい、利用の制限を受けることになります。
賃貸物件対策

管理者の承諾書無しで古物商許可が取得できる!?賃貸物件専門の行政書士に依頼しよう!

賃貸物件で大家さんや管理会社から承諾を得ることなく古物営業許可を取得することは可能です。しかし一般市民が行うにはあまりにもハードルが高いため、賃貸物件で古物営業許可を取得することを専門としている行政書士に依頼することが最も無難だと言えるでしょう。
賃貸物件対策

居住者にせどりなどの古物営業を許可したい大家さんや管理会社の方へ【メリットとデメリットを解説】

この記事では今までの管理会社の常識「古物営業を認めない」から「古物営業を行うことを認める」ことへ移行することのメリットとデメリットについて解説している大家さんや管理会社さん向けの記事となっています。居住者のニーズは日に日に高くなっているので一度検討してみるのも良いでしょう。
古物商許可申請関連情報

法人の古物営業許可申請のポイントを解説!申請前の添付書類準備に注意!

法人の古物営業許可申請のポイントは? 古物営業許可申請の申請者は大きく2つに別れます。「個人」と「法人」です。 個人と法人で申請書は同じものを使用するため、大きく方法が変わることはないのですが、法人が古物営業許可を申請する場合...
古物商開業関連情報

古物商の取扱物品はどの品目を選べば良い?【各種別と多く選ぶデメリット】

古物営業許可を申請する際にはどの品目を取り扱い物品にすれば良いか 古物営業許可を申請する際には「取扱品目」を選択する必要があります。 取扱品目とは、どの物品を売買の対象とするのかということですが、それを事前に申告しておく必要が...
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や管理会社の承諾書について不安な方にもご対応いたします!
当事務所古物商許可申請等のお手続きの流れはこちらから!
当事務所はすでに利益を上げてしまっている方や承諾書について不安な方にもご対応いたします!
当事務所お手続きの流れはこちら
タイトルとURLをコピーしました